先進医療ってなに?

医療保険・がん保険・学資保険・生命保険・個人年金などの比較や一括見積依頼ができます。

スタート

医療保険・がん保険TOP > 先進医療ってなに?

先進医療ってなに?

先進医療とは?

「先進医療」とは、厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。


先進医療での自己負担額は?

先進医療を受けた場合、患者は先進医療にかかる費用を全額自己負担することになります。診察・検査・投薬・入院費等先進医療にかかる費用以外の通常の治療と共通する部分の費用については、一般の保険診療と同様に扱われますので一般保険診療と共通する部分は保険給付され、各種健康保険制度における一部負担金を支払うことになります。そのため患者は、先進医療にかかる費用と一般の保険診療にかかる費用を負担することになります。


高額療養費制度

公的医療保険の被保険者(本人・70歳未満・標準報酬月額35万円)で、1ヶ月の総医療費が100万円、うち先進医療にかかる費用が20万円だったケース
1.先進医療にかかる費用20万円は、患者さんが全額負担します。
2.通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院等)の費用は保険給付され、患者さんは一部負担します。
※ 保険給付にかかわる一部負担については高額療養費制度が適用されます。

◆保険給付分=80万円
 ・7割に当たる56万円が各公的医療保険制度から給付
 ・3割に当たる24万円から高額療養費制度による払い戻し分15万4,570円を差し引いた金額が患者さんの自己負担分

先進医療にかかる費用


先進医療ってどうやって受けるの?

先進医療は、一般的な保険診療を受ける中で患者が希望し、医師がその必要性と合理性を認めた場合に行われます。
先進医療を受けるときは、治療内容や必要な技術料などについて医療機関より説明を受け、内容に十分納得した上で同意書に署名し、治療を受けることになります。
先進医療を受けると、先進医療にかかる技術料、通常の治療と共通する部分についての一部負担金、食事についての標準負担額などを支払いますが、それぞれの金額を記載した領収証が発行されます。この領収証は、税金の医療費控除を受ける場合に必要となりますので、大切に保管して下さい。
治療費の心配をせず安心して治療に専念するためにも、先進医療保険の備えが必要になります。

資料請求・無料保険相談はこちら

先進医療ってなに?

医療保険・がん保険TOP > 先進医療ってなに?